読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いざ、言葉の森へ

偉人から漫画に至るまで。名言や雑学などの紹介をしてます。

 

世界No.1プレイヤーのメッシが、親善試合で相手の選手に頭突き!

 

スポーツ番組等を見たことがある方なら、

一度は聞いたことがあるであろうサッカー選手のメッシ。

 

彼が8月5日に行われたローマとの親善試合で、

相手の選手に軽く頭突きなどをしたそうです。

 

 

 

普段は穏やかなメッシですが、試合中はいつも全力でプレーし、そして怖いことで有名な選手でもあります。

 

おそらくメッシはプレイに集中し過ぎて、

相手の選手が接触してしまった事や何かメッシが気になることを言われ

イライラしてしまいヒートアップ。

そして、耐えられず頭突きなどをしまったのでしょう。

 

 

ちなみに、私はメッシのマイナス点を言いたいのではなく

彼がとてもサッカーに本気で取り組んでいて、

試合中は別人ではと思ってしまうほど

気迫のプレーをしている選手だ

ということを皆さんには知ってほしいのです。

 

試合や練習以外では落ち着いていて、

物腰柔らかなメッシからはとても想像できないかもしれません。

ただ、試合を見るとこれが世界一のサッカー選手なんだなと思い知らされます。

 

 

では、メッシの真の怖さと強さを知ったところで、

彼の人生や心に響く言葉を紹介していきます!!

 

貧困層から這い上がってきた、メッシの人生

 

本名はリオネル・メッシ

アルゼンチンで工場労働者の父と清掃員の母との間に生まれ、

決して裕福とは言えない家庭で育ちました。

 

そして、メッシは5歳の時にはすでにサッカークラブに入っていました。

しかし、10歳の時に成長ホルモンが上手く分泌されず、

これから身長が伸びにくいという事が分かり

成長ホルモンを投与しなければなりませんでしたが、

治療費を準備できず、そのまま様子見という事

になってしまいました。

 

 

ただ、彼が13歳の時にFCバルセロナの入団試験で、

メッシのプレイを見た監督は一目でメッシはスーパースターになると確信。

入団などの条件の代わりに

彼の治療費はすべてチームが工面してくれることに

ちなみに、この時の身長は143cmです。

サッカー選手として小柄かもしれません。

 

ただ、数年後には治療やトレーニングによって

さらに身長は伸び、169cmくらいにまでなったそうです。

 

そして、今では2009〜2012年には連続で

最優秀選手賞をもらう選手となりました。

 

メッシの印象に残った言葉

 

・乗るべき列車は、一度しか通らない。

 

 

・努力すれば報われる?そうじゃないだろ。報われるまで努力し続けるんだ!

 

 

・一番つらいことは、母国で中傷をうけることです。それがプレーに悪影響を及ぼします。でも、それもサッカーの一部と思って受け止めています。

 

 

・ゴールがあるから蹴るんじゃない。僕が蹴るからゴールがあるんだ!

  これは、メッシが言うからこそ許される発言ですね。

 

・僕はサッカーを愛してる。一番大切なのは自分の家族だけど、サッカー抜きでは自分を見失ってしまうよ。

 

 

・僕がサッカーをするのは経済的な利益からじゃない。なにより、チームのためにプレーするのであって、自分のためにプレーするわけじゃないんだ。

 

 

 

《私の独り言》

 

メッシはとても穏やかですし(試合や練習以外)、裕福な家庭でサッカーの英才教育を受けてきたのかなと思っていましたが、まったく違いました。

 

おそらく、幼いころは路地裏でサッカーボール転がして遊ぶ、ただの少年だったのでしょう。

 

今では世界最高峰の選手に

 

しかし、メッシは才能があり努力もしてきましたが、残念ながら体が小さいというのはスポーツにおいては欠点になってしまうことが多いんですよ。

 

それを抱えながらも、技術でサッカーの有名クラブチームに自分の力を認めさせるというのは、やはり彼の凄さが分かります。

  

広告を非表示にする