読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いざ、言葉の森へ

偉人から漫画に至るまで。名言や雑学などの紹介をしてます。

 

スポーツが好きなら、絶対知っておきたいスラムダンク・安西先生の名セリフ

 

        Slam dunk―完全版 (#7) (ジャンプ・コミックスデラックス)

          

バスケ漫画と言えば、

あひるの空黒子のバスケ、CROSS OVERなど面白い作品が多いですが、

スラムダンクは読んだことはありますか。

 

読んだことない方に聞いてみると、

「あぁ、昔ジャンプで掲載されてたらしいね」

「なんか好きな人多いけど、バスケ興味ないし」

と言われることが多いですが、

もし漫画が好きなのに読んでいないなら、もったいないと思います。

 

 

漫画のキャラだけでなく、現実のバスケファンからほとんどバスケを知らない人までも虜にした監督

 

その根拠として、自分の子供にも読ませたいマンガで

ドラえもんONE PIECEなどの超人気作品のある中、

スラムダンク堂々の1位です。

 

確かに昔の作品ですし

バスケに興味がない人は、特にその関係の漫画は読まないでしょうが、

 

スラムダンク

バスケに興味がなかった人やルールがまったくわからない人までもハマってしまう作品なのです。

 

かくいう私も、

この漫画の影響を受け、ドリブルなどの基礎もまったく出来ない状態で、

地元のバスケクラブに入部してしまいましたし。

 

では、さっそく!

登場キャラの湘北高校バスケ部監督、安西先生の生き様や名言などを紹介していきます。

 

安西先生の略歴と関連事項

 

本名は安西 光義(あんざい みつよし)。

元バスケ全日本の選手、そして某大学の監督をしていた時は、

キレると怖いのでホワイトヘアードデビルと呼ばれ恐れられました。

しかし、教え子が事故死したことをきっかけに、大学監督を引退

 

そののちに湘北高校バスケ部の監督になり、

優しい性格 (ホワイトヘアードブッダと呼ばれるように) となります。

 

しかし、部員たちが驚くほどの威圧感を見せることもあり、

ある人物によるバスケ部襲撃事件では、

スタメンもしくは、スタメン候補の4人を県大会1回戦で罰として補欠スタートにして「二度と喧嘩をしない」ことを約束させ、試合出場を許すような厳しさも持っています。

 

 

そして未だに、

異なる角度から合計10本のミドルシュートを放ち、9本を成功させることができる技術を持つ監督です。

ただ体力はないので、おそらく高校生と試合は出来ないでしょう。

    

      第93話 2万本への挑戦

       

安西先生のためになる名言

 

・下手糞の上級者への道のりは、己が下手さを知りて一歩目

  読んでいた当時はあまり気になりませんでしたが、今読むと言葉の深さに驚かされます。これが出来ない、あるいは出来なくなる大人が多いですからね。

 

・お前の為にチームがあるんじゃねぇ。チームの為にお前がいるんだ!!

 

 

・全国制覇を成し遂げたいなら、もはや何が起ころうと揺らぐことのない断固たる決意が必要なんだ!!

 

 

・最後まで…希望を捨てちゃいかん。あきらめたら、そこで試合終了だよ

  もう、この言葉だけで私は泣きそうです(笑) 読んだことない方は「何言ってんだ、こいつ」と思われるでしょうが。

           

      第87話 日本一の高校生

  

名言の番外編 (安西先生のバスケ部員たちのセリフ)

 

・オヤジの栄光時代はいつだよ…全日本の時か?俺は…俺は今なんだよ! by桜木花道

       

      第100話 奇跡の男・桜木花道!

 

・静かにしろい。この音が……オレを甦らせる。何度でもよ  by三井寿

 

      第44話 三井! 嵐の3ポイント

 

安西先生…!!バスケがしたいです…… by三井寿

 

      第27話 バスケがしたいです!

 

・マグレがあるか、どあほう!! by流川楓

  

      第85話 あらたなる挑戦!全国制覇

 

・いちばん過去にこだわってんのは、アンタだろ… by宮城リョータ

 

      第22話 史上最悪どあほうコンビ誕生

 

・骨が折れてもいい…歩けなくなってもいい…やっと、つかんだチャンスなんだ…!! by赤木剛憲

 

      第58話 しぶとい奴ら!

     

〈私の独り言〉

 

私がバスケを始めるきっかけとなったスラムダンクは、

アニメ化もされ、海外 (特に台湾) でも人気らしく舞台となった神奈川のいわゆる湘南地域に観光に訪れる方が多くなっているそうです。

 

あと、「あきらめたら、そこで試合終了だよ」という言葉はスラムダンクを知らない方でも聞いたことあるかもしれません。

 

しかし、実際はその言葉だけでなく様々なキャラが放つ魂の言葉に心が震えますし、主人公が初心者で解説もあったりするので、バスケのルールもだいたいわかるようになります。

 (※連載当時とはルールが変わっていたりしますので注意して下さい) 

 

そして安西先生は昔、怖い先生だったのに優しい先生になる経緯が悲しいですが、それを乗り越えたことで先生の存在感や態度、言動に至るまでまさに理想の監督になれたんだなと思います。

 

 

 ※画像は、すべてamazon.co.jpより

 

 

 

広告を非表示にする