読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いざ、言葉の森へ

偉人から漫画に至るまで。名言や雑学などの紹介をしてます。

 

ヘンリー・フォードから学ぶ!ビジネスで成功し続ける人や企業のたった1つの法則

 

ういっす!エアグリです。

ちなみに、フォード (モーター) って会社って知ってますよね?

 

今のところ、アメリカの大手自動車メーカーのビッグスリーの1つです。

 

そして、そのフォード・モーターを創業したのが今回の主役、

ヘンリ―・フォードです⇩

 

彼が、自動車で成功できた『フォーディズム』という理念

 

フォーディズムとは、下の写真のように大量生産によって、

増えた利益に合わせ、労働者の賃金も上昇させ、社員のやる気を伸ばすという方法の事です。

彼 (ヘンリー・フォード) は、

社会への奉仕を中心に考えているビジネスは栄え、利益だけを追い求めるビジネスは衰退する』と言いました。

 

つまり、売り上げや利益を上げろ、上げろ!と言いまくるだけの企業は、

いずれ駄目になっていくという事です。

たまにニュースで、企業の幹部が部下に過剰な利益目標を達成させようと圧力をかけた結果、内部告発や社内不正が起こったりします。

これはまさに、フォードの言うとおりになっていると思います。

 

もちろん、フォーディズムがどの業界でも通用すると断言できません。

ただ、自分が (もしくは、組織が) 良ければいいという人と仕事をやりたい方は、あまりいないのではないかと思います。

f:id:aerogrip:20160314110846j:plain

 

ちなみに、車をベルトコンベアーようなものに載せたりして、流しながら製造する方法は、

フォードが視察に行った精肉工場からヒントを得て、自動車製造にも取り入れてみたところ、当時としては、すばやく大量生産ができるようになったそうです。

未だに、2つ上の写真のような感じで車は作られていますからね。

 

『世界の自動車王』と呼ばれたヘンリー・フォードの名言

 

・あら探しをするよりも、改善策を考えなさい。

 

・成功の秘訣というものがあるとすれば、それは、常に他人の立場を理解し、自分の立場と同時に、他人の立ち場からものごとを見ることのできる能力である。

 ↑他人がいるからこそ、自分という存在はいると言いますし。面倒な人もいますけど(笑)

 

・自分で薪を割ろう、二重に温まる。

 

・市場が良い商品で飽和することはないが、すぐに悪い商品で飽和する。

 ↑明らか、マネをしただけの商品とかがよく売ってたりしますよね。

 

・金で自由が買えると思うのは誤り。この世で本当に頼りになるのは、知識と経験と能力だけである。

 ↑お金は社会で一定の力を持ちますが、実は生きる上で必須のものではないんですよね。

 

・努力が効果としてあらわれるまでには、時間がかかる。そして、多くの人が我慢できないのは、悲しい事です。

 

 ⇧あまり知られていませんが、交流があったフォード (左) とエジソン (右)

 

《私の独り言》

あまり車は好きではないですが、一度はフォード社の車を買いたいなと思っています。(おそらくそんな機会、一生ないでしょうが)

 

あと私は、ビジネス本や自己啓発本を読む方は、立派だと思います。

ですが、他人がいるからこそ、自分がいるという事を忘れている人が多い気がします。 

自分の能力や知識を高めることは大事ですが、目の前にいる人や買う人の事を考えて、企画や提案をしていって欲しいと思います。

 

今回はここまで、またの機会があれば。 

 

広告を非表示にする